餃子 大阪王将

さて今回は


ギョーザ・チャンピオンズリーグ 三品目。

味の素はコチラ
日本ハム(Nipponham) コチラ
のレビューをご参照下さい。

今回の大阪王将は「羽根つき餃子」というフォーメーションです。




餃子王将.JPG

大阪らしく?派手目なパッケージです。
手書き筆文字風が期待を高めます。

餃子王将2.JPG

『食後のニオイが気にならないニンニクを使用』とあります。

私としてはニンニクが効いている方が好みではありますが、食べるタイミングを考えなくていいというのはありがたいことではあります。

餃子王将3.JPG

製造はイートアンド。
大阪王将を経営する会社。
外部委託ではなく、自社で作っているようです。

餃子王将4.JPG

日本ハム製品と同じく、水代わりで羽根の素ともなる水分が餃子の周りに凍りついています。

すでにこの時点で結構なニンニク臭がするのですが大丈夫なのでしょうか?

餃子王将5.JPG

タレが2つ入っていまして、こちらもキンキンに凍っていますので、お湯に浸して解凍します。

餃子王将6.JPG

フタをして5分後にフタを取りました。

フライパンにキレイに収まりました。
こうして並べてみると、数は同じ12個ですから味の素や日本ハムのものより若干小さいような気がします。

餃子王将7.JPG

程よい焼け具合です。

内側の焦げが強いのは調理器具の都合です。




kickoff!



タレは特に特徴を感じませんが美味しいです。

餃子は
餃子王将8.JPG

う~ん、他社のものと比べると餡に特徴がない。
なんというか、粉っぽいような印象。

肉や野菜の味わいも食感も薄めです。

ニンニク臭も焼く前と比べるとあまり感じない…これは表記通りですが。
また鼻が慣れてしまったのもありますかね?

皮も普通。

全体的に普通に美味しいとは思いますが、わざわざ購入したりすることはないかもしれません。
エラソーにスミマセン。

ちなみに餃子の王将(王将フードサービス)の店舗で食べる餃子と非常に似ているとも感じました。

その餃子の王将と大阪王将は別会社。
ただしルーツを探ると、餃子の王将の創業者一族が独立してできたのが大阪王将。

その後店舗につける名称などで訴訟になったりもしています。
さらには鹿児島王将なる会社ものれん問題に絡んできまして相当複雑な様子。

そういう大人の事情も味を磨くことにつながればイイんですけどね。

評価とコスト


【評価】   2.5
【コスト】 213円

ドリンクバーゲン会場
RIVERET(リヴェレット) 竹製 オクタス ペア RV-108WB

RIVERET(リヴェレッ…

¥7,776(税込)

台座の形状から、八方位を意味する名前のオクタス。 ラグジュアリーな雰囲気を演出するシャープでスマートなシルエ…


豪華松阪牛&神戸牛セット{松坂牛(焼肉用)&神戸牛(しゃぶしゃぶ・すき焼用)}各400g

豪華松阪牛&神戸牛セット{…

¥13,605(税込)

○松坂牛松坂牛はやはりお肉の「しっとり感」「キメの細やかな舌触り」が他の一般和牛と違います。口当たりが良く、と…





"餃子 大阪王将"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。