生パスタ蟹トマトクリーム Oliveto





代官山のリストランテシェフ監修シリーズ『Oliveto』の二作目。

一作目の
生パスタ・きのこクリーム olivetoのレビュー
もご参照ください。

海老じゃなくて蟹のトマトクリームパスタが食べたくて購入しました。
一作目がとても美味しかったので期待が高まります。

Oliveto 蟹トマト.JPG

このシリーズのパッケージはすべて、グリーン基調で統一されているようです。

中身の見せ方に最初は正直「どうなの?」とも思いましたが、クオリティを知ってから見ると食欲をそそりますね。

Oliveto 蟹トマト2.JPG

電子レンジでも湯煎でも調理可能です。

Oliveto 蟹トマト3.JPG

吹き出し口もわかりやすい。

電子レンジで調理するとかなりパンパンに膨らみますが、この吹き出し口が作用し電子レンジから取り出すと

Oliveto 蟹トマト4.JPG

しぼんでゆきます。

この吹き出し口から袋を開けて

Oliveto 蟹トマト5.JPG

スルッと出した状態がこの写真です。

奥の方にソースのかかっていない部分が見えますが、こういうところがあるということは、ソースをしっかり絡めて冷凍されているのではなく、サラッと絡め(かけ)るだけで固めた(冷やした)のではないでしょうか。

電子レンジの性能によっては温めムラも出てしまうため、よく混ぜてから食べさせるためもあるかもしれません。




Oliveto 蟹トマト6.JPG

なのでよく混ぜます。

蟹の香りが程良く漂い、いい感じです。



ではいただきまーす。

ウマイ!
またしても本当にウマイ!

蟹・トマト・クリームはそれぞれの主張が何気に強めなのでバランスが難しい。
どれかひとつが主張し過ぎる又は主張が足りないと、まったくの別物になってしまう。

その点はさすがのリストランテシェフ監修品です。

パスタは一作目と同じくフェットチーネ。

このシリーズはフェットチーネが多いのですが、監修シェフのお気に入りなのか?冷凍品の再現性を考えてのフェットチーネ使用なのか?
いずれにしても生パスタ特有のモチモチ感がキチンと出ています。

またフェットチーネにありがちな茹でムラもない。
この辺りもさすがの一品だなぁと感心させられます。

蟹は『紅ずわいがに』らしいです。
2.2%が入っているようなのですが、総量が260gなので蟹の身は5.72gとなります。

自慢できるほどの量ではないとも感じますが、この価格で紅ずわいがにが5gと考えれば贅沢な量だとも言えます。

メーカーHPには、水菜とエクストラヴァージンオリーブオイルをかけてる、監修シェフによるアレンジレシピもあります。
そんな風にされてもう少し蟹の身が入っていたら、お店で1,500円くらい取られても満足な一品でしょうね。

そちらもぜひトライしてみたいです。

【評価】    3.8
【コスト】  289円
ドリンクバーゲン会場
RIVERET(リヴェレット) 竹製 オクタス ペア RV-108WB

RIVERET(リヴェレッ…

¥7,776(税込)

台座の形状から、八方位を意味する名前のオクタス。 ラグジュアリーな雰囲気を演出するシャープでスマートなシルエ…


豪華松阪牛&神戸牛セット{松坂牛(焼肉用)&神戸牛(しゃぶしゃぶ・すき焼用)}各400g

豪華松阪牛&神戸牛セット{…

¥13,605(税込)

○松坂牛松坂牛はやはりお肉の「しっとり感」「キメの細やかな舌触り」が他の一般和牛と違います。口当たりが良く、と…








この記事へのコメント


この記事へのトラックバック