蟹のトマトクリーム リングイネ オーマイ

今回のレビューは


”冷凍食品のある生活”を始めてからというもの、パスタを食べる機会が確実に増えました。
なによりも完成度が高く、期待を上回ることも珍しくありませんので。

そんな生活をしていたら”蟹のトマトクリーム”が無性に食べたくなりました。
海老系はけっこういろいろあるんですが、蟹、カニが食べたい!

ふと立ち寄ったスーパーでコチラを発見!

蟹のトマトクリーム.JPG

まさにドンピシャです!
リングイネ…本当はスパゲティーで食べたかったんですが、まぁイイでしょう。




そしてお値段もちょっと高めの”プレミアム”なんだそうですが、トレーが付いているんですね。

蟹のトマトクリーム2.JPG

温め方も封を一部切って温める仕様。

ちょっと見える中身が白っぽいのが?ですが…。

蟹のトマトクリーム4.JPG

温め終わった後の持ち手の位置が記されていますね。
確かにここは熱くならない。
箸で両縁にひっかけて持ち上げる必要はありません。

ただトレー底はかなりの高温なので、このままテーブルに置くのは抵抗があります。

結局はお皿が必要じゃん…なんですが、フキンや鍋敷きがあればそれでも構いません。




完成!
って蓋をとっただけですけど。

蟹のトマトクリーム5.JPG

いただきまーす



カニの香りがしっかりしていて、食欲をそそります。

ちょっとクリームの強めなトマトクリーム色ですかね?

ブロッコリーが色合いを整えていてキレイです。

カニの身が真ん中に集まっているので、しっかりまぜ合わせます。

味は、う~ん、香りの割には蟹の味わいが軽いような気がします。

チーズが混ざったソースも、私としてはトマトの風味がもう少し欲しいと感じます。

ブロッコリーはかなり小さめなので、主張は抑え気味…それがイイと思いますが。

リングイネは美味しい。
程よい太さでソースにもよく絡まり、歯ごたえもイイです。

全体的には美味しいですが、ちょっと期待はずれですかね?

パッケージの写真にあるソースの絡まり具合は再現されず、「濃厚な蟹の旨み」は感じませんでした。

カニカマでさえ本物の蟹を凌駕するほどの?蟹風味を出せていて、フランスや欧州でも”KANIKAMA”として通じるほどなので、もう少し改良を望みたいところです。
エラソーにすみません。

ちなみにオーマイ

日本製粉のブランドです。
日清製粉のマ・マーと並んで、子供の頃からよく目にしていたような気がします。

いまではパスタ関係のブランドのイメージが強いですが、”オーマイ”という名前の由来は”王米”。

戦後の食糧難に作られていた人造米の品質がとても良かったので”王米”と名付けたようです。

評価とコスト


【評価】   2.8
【コスト】 321円

ドリンクバーゲン会場
RIVERET(リヴェレット) 竹製 オクタス ペア RV-108WB

RIVERET(リヴェレッ…

¥7,776(税込)

台座の形状から、八方位を意味する名前のオクタス。 ラグジュアリーな雰囲気を演出するシャープでスマートなシルエ…


豪華松阪牛&神戸牛セット{松坂牛(焼肉用)&神戸牛(しゃぶしゃぶ・すき焼用)}各400g

豪華松阪牛&神戸牛セット{…

¥13,605(税込)

○松坂牛松坂牛はやはりお肉の「しっとり感」「キメの細やかな舌触り」が他の一般和牛と違います。口当たりが良く、と…









この記事へのコメント


この記事へのトラックバック