カレーうどん TOPVALU

今回のレビューは


正直、うどんはほとんど食べないんです。
別にキライとか苦手なわけではないのですが、日本蕎麦とパスタ以外の麺にはあまり興味を示さないんです。
カレー南蛮も蕎麦で注文して怪訝な顔される経験多数。

カレー南蛮は大好きなんです。
和風だしカレーですね。

本当は蕎麦で食べたいところですが、そんな冷凍食品はおそらくないでしょうから、ひとまずカレーうどんに挑戦です。

決め手は
「麺が短く食べやすい」
のキャッチコピー。

カレーうどん.JPG

TOPVALシリーズは外面がシンプルでいいですよね。
業務用っぽい、なんとなく本格的な雰囲気があるというか。




調理開始


カレーうどん3.JPG

うどんと具は一体化しており、これは電子レンジで温めます。
写真ではあまり目立っていなかったネギ(青ネギ)もタップリ。

カレーうどん4.JPG

スープは液体と粉末の2種類を合わせてお湯で混ぜます。

カレーうどん2.JPG

味が薄いのはカレー南蛮の致命傷なので、しっかり計量280CC 。

カレーうどん5.JPG

スープもダマにならないようによく混ぜます。

カレーうどん6.JPG

電子レンジで温め終えた麺と具にスープをかけて完成。

カレーうどん7.JPG




実食


なかなか香りもイイですよぉ。

まずネギ。
カレー南蛮の名脇役ですよね。
和風だしカレーには欠かせないアイテム。

で、このネギの風味がイイ。

某牛丼店などの刻みネギの味といえば伝わるかもしれませんが、切り置きしすぎたものや冷凍品、フリーズドライ品などによくある独特の劣化ネギ風味が苦手。

コチラのネギにはそれが全くない!
素晴らしい!

そして牛肉。

私は牛よりも豚のほうが合うとは思うんですが、牛でもイヤではない。
そしてこの牛は風味や食べごたえもそれなりにある。

スープ。
香りがとても良い。
けっこう辛め?
小さいお子さんには無理なくらいですかね。

うどん。
短めで食べやすくしてある工夫はベリーグッド!
すする際のスープはねも出にくい。
食感は…うどんについてはエラソーには言えませんがグッドです。
ちなみにうどん県工場での生産らしいです。

某立ち食い計を遥かに凌いでますね。

素晴らしいのひとこと。

これで、麺に蕎麦が選べれば…。

評価とコスト


【評価】 3.8
【コスト】159円

カレー南蛮はもともとは蕎麦で考案された(*諸説あり)とも言われてるので、ぜひカレーそば、TOPVALU信州五割そばとのコラボでお願いします。

ドリンクバーゲン会場
RIVERET(リヴェレット) 竹製 オクタス ペア RV-108WB

RIVERET(リヴェレッ…

¥7,776(税込)

台座の形状から、八方位を意味する名前のオクタス。 ラグジュアリーな雰囲気を演出するシャープでスマートなシルエ…


豪華松阪牛&神戸牛セット{松坂牛(焼肉用)&神戸牛(しゃぶしゃぶ・すき焼用)}各400g

豪華松阪牛&神戸牛セット{…

¥13,605(税込)

○松坂牛松坂牛はやはりお肉の「しっとり感」「キメの細やかな舌触り」が他の一般和牛と違います。口当たりが良く、と…







この記事へのコメント


この記事へのトラックバック