ほうれん草とベーコンのカルボナーラ ママー

昼食をキチンと食べられず小腹がすいていたので、買い溜めしてあったパスタにトライです。

カルボナーラ.JPG

前々回同様、フェットチーネタイプの生パスタ。

フェットチーネタイプはキライではないんですが、どちらかと言うとスパゲッティタイプの方が好み。
ですが、特売価格に釣られての購入でした。

パスタにもほうれん草が練りこまれているのか?緑色をしています。

メイカーの「マ・マー」

子供の頃にスパゲッティがらみでよく耳にしたメーカー…日清製粉グループのブランド名…ですね。
「青の洞窟」シリーズの製造販売や、イタリアの「ディ・チェコ」のパスタの輸入販売をしています。

ちょっと古い話ですが、バブル期に「イタ飯ブーム」というのがございました。
イタリア料理のことです…若い方のために一応注記します。

それまではパスタのことを「スパゲッティ」と言っていた人々が、イタ飯ブームのおかげ?で、ペンネやフェットチーネなどを知ることになり「パスタ」という言葉が一般に浸透したんですが、その頃のイタ飯屋さんには「ディ・チェコ」を使用しているところが多かったですね。
今ではスーパーなどでも普通に売られています。

カルボナーラ4.JPG

温めました。

!?
前々回のPrimeONEと酷似している…?
調べてみると、PrimeONEもどうやら日清系列の製造らしいです(パスタに関しては未確認)。

まぁそういうオトナの事情は関係なし。
美味しければかまいません。

カルボナーラ3.JPG

お皿が大きめなので少なく見えるかも?ですが、実際多いとは思えないものの適量です。

700wで4分でちょうどいいアツアツ具合。

カルボナーラ2.JPG

グアンチャーレ的なベーコン(名前ではっきり言ってるところが清々しい)も厚みがあっていいですね~。

ほうれん草は冷凍食品では単体でも発売されていますが、冷凍するとやはり風味がイマイチ…。

タマゴの固まる具合、とろけ具合が素晴らしく絶妙!
これこそ冷凍技術のなせる技ですね!

ウマいです!

カルボナーラは「炭焼き職人風」という意味。
ですから荒挽きのブラックペッパーが混ざってないといけません。
…のようなものが混ざってはいますが、これは冷凍の弊害でしょうか?、風味がほとんどなくてちょっと残念。

でもコレ、スゴイです!
慣れない人が作るくらいなら、コレで充分過ぎるほどのクォリティです。

【評価】  3.8
【コスト】 213円(特売)
ドリンクバーゲン会場
RIVERET(リヴェレット) 竹製 オクタス ペア RV-108WB

RIVERET(リヴェレッ…

¥7,776(税込)

台座の形状から、八方位を意味する名前のオクタス。 ラグジュアリーな雰囲気を演出するシャープでスマートなシルエ…


豪華松阪牛&神戸牛セット{松坂牛(焼肉用)&神戸牛(しゃぶしゃぶ・すき焼用)}各400g

豪華松阪牛&神戸牛セット{…

¥13,605(税込)

○松坂牛松坂牛はやはりお肉の「しっとり感」「キメの細やかな舌触り」が他の一般和牛と違います。口当たりが良く、と…



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック